BTC FX® 取引における消費税の取り扱いについて

お客様各位

 いつもご利用ありがとうございます。ビットバンク代表の廣末です。表題の件、サービスをご利用いただくにあたり非常に重要な論点であり、お客様からのご心配のお声を頂戴しておりますので、改めて弊社としての考え方を明らかにしたいと思います。

<結論> 当該取引に関わる消費税は不課税

<根拠>  弊社は、ビットコインの取引を事業として行っておりますが、ご承知の通り、ビットコインはその定義も明確に定まっていない現状のなか、派生商品である先物取引についても同様に、明確に定まっていない状況です。

 しかしながら、弊社もお客様にご迷惑をおかけすることのないように、そのサービス提供においては、金融専門の顧問弁護士事務所や顧問税理士事務所に相談しながら慎重に進めておりまして、さらに、本件につきましては、国税庁にも相談して、口頭ではございますが、以下の通り、言質を得ております。

消費税基本通達9-1-24 https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/09/01/06.htm

ビットコインの先物取引が、商品先物取引法の規制対象に当てはまるわけではなく、直接的には該当しないと考えられるが、現物の引き渡しを伴わない取引という点では同趣旨であり、差金決済のみによって精算されるという前提に立つ限りは、該当通達の趣旨を汲み取り、その取扱いについて同様に考えることができる。すなわち、消費税は不課税と解し得る。

 従いまして、現時点での当社の見解といたしましては、お客様のBTC FX®取引に関しては、現物の引き渡しを伴わない差金決済でありますので、消費税は不課税である、と考えております。

 しかしながら、前述の通り、本件に関しては、これから法律が明確になってくるという段階のため、最終的には、税理士等にご相談のうえ、ご対応いただけますと幸いに存じます。

 今後共ビットバンクを何卒宜しくお願い致します。

ビットバンク株式会社 代表取締役CEO 廣末紀之